【老け顔にさようなら】 50代から目指そう。垢抜けメイク!若見えメイク!| 大阪、京都、神戸、奈良でアラフォーから大人気のメイクレッスン

充実のカリキュラム・役立つメイク術

  1. HOME
  2. 充実のカリキュラム・役立つメイク術
  3. 詳細

40代50代から「キレイ」を目指す! 今日から実践できる美容情報

-吉村薫子の1万人を美人に変えたメイクレッスン-

代表講師 吉村薫子監修

メイクレッスンはこちらから

【老け顔にさようなら】 50代から目指そう。垢抜けメイク!若見えメイク!

大阪・神戸・京都・奈良の大手カルチャーセンターで

アラフォー世代アラフィフ世代にメイク講座を開講している

吉村薫子の1万人を美人に変えたメイクレッスンです。

私どものメイク教室にいらっしゃる50代女性の中でも「いつまでも若々しく見える50代」と「まるでおばあさんのように見える50代」がいらっしゃいます。

 

□若い頃のメイクのままアップデートできていない
□肌老化のスピードに対応しきれていない
□なにをどうしてよいかもわからない

 

私どものメイクレッスンでは、50代に必要な「品、清潔感、幸福感」を漂わせたナチュラルメイク、若々しく垢抜けるメイクの仕方をお教えいたしております。あなたのお悩みに確実にお答えできる知識のノウハウがここにあります。

できれば、実際にご受講いただけたら、お顔を見て、ご要望にそってきれいにして差し上げることができますが、ご受講が難しい方は、今日から実践できる使える小技もたくさん載ってますので、ぜひ参考になさってください。

 

【50代メイクの基本は「品」「清潔感」を大切に。もちろん「ナチュラルメイク」】

 

50代女性になくしてほしくないのは「品「清潔感」「幸福感」そして、目指すのは誰からも愛される好感度抜群のナチュラルメイク。 若い子のマネだけでは「イタイ若作り」。50代には50代の美しさを引き出すコツがあります。さあ、あなたも50代から本気で目指す、垢抜けメイクを学びましょう。

 

〇ベースメイク 

 

50代は「とにかく保湿」そうすれば厚塗りは避けられる
50代は『うるおい感』がなによりも大切。そのためベースメイクは特に気を遣います。まず、メイクの前にスキンケア重視。とにかくメイクの前は保湿できる化粧水でたっぷり角質層を膨らませる、美容液で肌活性を怠らず、最後はこっくりしたクリームがおススメ(乳液やオールインワンジェルなどでは『保湿』も『ふた効果』も心もとないのであまりおすすめできません)
ドラッグストアに売っているプチプラコスメでもよいですが、50代がこだわりたいスキンケアの保湿化粧品のアイテムは

 

①角質層を潤わせるお化粧水
②肌活性してくれる美容液
③ラッピング効果抜群のこっくりクリーム

 

 

 

プチプラコスメで探される場合は、この三つのアイテムは必ず必要と心得てください。

 

≪50代のベースメイクのポイント》

 

 

〇化粧下地。これは肌色補正効果があるものがベスト。50代女性におススメなのは、『うっすらピンクの桜色』。紫外線防止効果があり、お化粧崩れしない。これらが、化粧下地を選ぶ際の必須条件です。

 

〇ファンデーションは保湿力重視で選びましょう。保湿力重視で選ぶと必然的にコックリしたクリームタイプのファンデーションになります。

 

 

 

スキンケアで保湿がしっかりできていると伸びが良く、すぅーっと薄くつけることができます。50代のナチュラルメイクの成功はとにかくスキンケアからベースメイクまでトータルで『保湿』出来ていることが必須となります。これだけは手を抜いてはダメですよ。
そして、50代ともなると、隠したいシミやくすみは増えるもの、薄付きでよい所と、しっかり塗って隠す所とお顔の中でも塗る量は変わってきます。ここが最大のポイントです。

 

 

 

50代女性の悩みの種である「シミ問題」「くすみ問題」これをカバーするためにコンシーラーを使うという方法もありますが、私どものメイク教室では2色のクリームファンデを使い、シミを隠しくすみのない透明感のある肌を作り出します。隠したいものが多い人はしっかり塗って隠す。その代わりベースメイクが自然なナチュラルメイクで終わるように、スポンジでなじませて、艶を残したまま薄くパウダーをつければ、瞬時に若見えベースメイクの完成です。

 

〇アイシャドー&アイライナー 

 

50代、まぶたのたるみの引き上げ方伝授!

50代まぶたのたるみ、気になりますよね。若い頃には感じなかったまぶたの重み、かぶさり・・・。そんな方には薫子先生のメイク講座をぜひご受講いただき直接ご指導させていただきたいのですが、ここでは、50代女性のまぶた悩みに特化して今日から実践できるアイメイクの仕方をお伝えします。

まずアイライナーの選び方は、ペンシルタイプの黒のアイライナーがベスト。

 

 

 

 

アイライナーを入れると下まぶたに付きやすいのも50代女性の悩みでよく聞かれます。だから、よくある「まつ毛の間を埋めていくようにアイライナーを入れる」は50代女性の重たい「かぶさりまぶた」には通用しません。正解は「生えてるまつ毛のすぐ上にアイライナーを引く」です。

 

そして、目尻側のアイライナーの【上げ角度】が重要。目を開けた状態で目尻を引き上げたい角度になるように、目尻側のアイライナーを上に跳ね上げて書く。

 

 

 

 

ぜひトライしてみてください。

 

50代が選ぶべき上品アイシャドーの色味をご紹介します。
紫パターン(女性らしい・華やかな印象)


茶パターン(ナチュラル)

 

ポイントは濃い色から塗ってゆく事。目尻側のアイライナーの跳ね上げて描いたラインより下に色が入らないよう、濃い色も目尻の跳ね上げを意識して。
次に淡い色を大きなアイシャドーブラシで色を乗せる。
最後はキラキラ光る色をまぶたの一番高い位置にふんわりのせ、立体感を演出。

 

そして、きれいにアイメイクできるとねこんなにも重たい瞼が引きあがります!

 

 

 

 

全ての薫子先生のオリジナルメイクアイテムはこちらでご購入もいただけます。

 

いろいろ選ぶのが面倒な方はどうぞこちらでショッピングなさってください。初めてご利用の方には詳しい塗り方のプリントもお付けしています。

 

〇マスカラは若い子のマネはNG

 

スクリューブラシで梳かすことがポイント

 

 

50代が選ぶべきマスカラは断然「黒」毛量も毛のコシも若い頃から比べたら勢いがなくなってきます。まつ毛で遊べるのは30代のメイクまで。40代、50代のマスカラは「黒」「下に黒くつかないウォータープルーフ」「ボリュームアップタイプ」この三つがアイテム選びの必須条件です。
それから、マスカラがダマになっているのも50代まつ毛にはNGです。マスカラとスクリューブラシはセット持ち、マスカラをつけたら一本ずつスクリューブラシでとかす、離す、方向性をしっかりとつけてまずは放射線状にぬる。それから目尻はたっぷりかさね付けして、かぶさりまぶたを少しでも引きあがった印象にしましょう。

 

〇50代の垢抜けメイクを決めるのは眉毛の描き方

 

眉の描き方で一気に垢抜けメイクになりますが、私どもの一番の人気のメイクレッスンが4回目の眉毛の描き方レッスンです。講師がその方にぴったりの美眉をフリーハンドで描くのですが、ここで皆さまにお伝えしたいのが、若々しい眉を描く際には二つだけポイント。

①眉尻は眉頭より下げて描かない。
②眉頭は薄く、眉尻になるにしたがって濃く描く。

 

〇50代はマスターしてほしい! チーク、ハイライト、ローライトの塗り方で若見えメイクが決まる

 

 

フェイスカラーの効果を侮ってはいけません! 50代こそチーク、ハイライト、ローライトの3色フェイスカラーの塗り方をマスターしよう。大まかには塗る位置はこの通り。

 

 

3色の塗る順番は、

①ローライト(たるみ取り、引き締め、小顔効果)
②チーク(自然な血色で若々しさを演出)
③ハイライト(くすみ取り、華やかさ、透明感を演出)

です。

 

〇50代からの口紅の塗り方 

 

オーバーリップで口角を上げつつ清潔感も演出

 

 

 

 

マスクメイクが主流になっているコロナ禍の今は口紅を塗らない女性も多いですが、いずれマスクが取れる日の為に記しておきますね。口紅を塗るのに使う道具はリップブラシ、肌色に近いベージュピンクのリップライナー、口紅、グロスです。

 

まず、リップライナーで大きめに輪郭をとります。次にリップブラシでたっぷり口紅をとり、口を閉じた状態でリップブラシを口角に差し込み、輪郭に沿ってゆっくりを描きます。最後はグロスを上下くちびるの真ん中だけにたっぷりつけます。

 

 

 

 

 

さあ、あなたもまずは、

50代の垢抜けメイク、若見えメイクに

必要なメイク道具をそろえて、

チャレンジしてみましょう?

 

 

 

大阪神戸京都奈良
すべて駅前開講!!

人気講座のためどちらのお教室も
満席が予想されます。
優先予約で賢くお席をキープしましょう!

各教室定員16名満席になり次第
受付終了します。

大阪教室
  • JR大阪/阪急・阪神・地下鉄梅田
  • 渡辺橋/肥後橋
  • 天満橋
  • 天王寺/阿倍野
  • 守口市
  • 堺東
  • 樟葉
神戸教室
  • JR神戸/阪急・阪神高速神戸
  • 西宮北口
  • JR・阪急・阪神三宮
  • JR芦屋
京都教室
  • JR・近鉄・地下鉄京都
  • 阪急烏丸/地下鉄四条/京阪祇園四条
奈良教室
  • 大和西大寺
  • 大和八木
  • 学研奈良登美ヶ丘

WEB限定メイクレッスン優先予約受付中

詳細へ

毎年4月10月新規開講 定員16名限り
お申し込みは先着順、お早めに!

ご希望の教室が満席の場合は他の教室、もしくは次期開講をご案内いたします。まずは、事務局にお問合せくださいませ。

WEB限定優先予約詳細へ

代表講師吉村薫子プロフィール

「若返りメイク」「整形メイク」とも称されるメイク力がメディアにも注目され、テレビ出演、雑誌新聞掲載多数。大学講師、講演家としても大活躍!

  • 1993年
    美容家、企業向けセミナー講師、講演家として活動開始。
  • 2001年
    カルチャースクール講師として指導を開始。人気のメイク講師として次々と開講。
    依頼が舞い込むように。
  • 2008年
    プライベートサロン【サロン・ド・エンライトメント】開設。
  • 2012年
    大学から招聘され、講師として就任「エンライトメントメイク」が大学の講義科目となる。
  • 2015年
    多くのテレビメディアから取材され、その若返りメイク術が話題に!
  • 2017年
    人気女性誌「美スト」「ハーズ」その他取材多数
  • 現在、人気は全国区!大手カルチャーセンター17教室で定期的に指導する傍ら、薫子のプライベートサロンは、いつまでも美しく、若々しく歳を重ねたいと願う女性たちで1年先まで予約が埋まっており、今、関西では最も予約が取りにくいメイクレッスンの一つとなっている。

    詳しいプロフィールを見る

関連記事

    関連記事はありません

一覧に戻る